レーシック手術を受けた芸能人|レーシックリスク、あなたはそれでもしますか?

レーシック手術を受けたとされる芸能人

多くの芸能人がレーシック手術を受けています。
スポーツ界では、プロサッカー選手の本田圭佑さん、プロ野球選手の松坂大輔さん、テニスプレイヤーの杉山愛さん、プロスキーヤーの竹田征吾さん、プロサーファーの越後将平さん、プロゴルファーの中嶋常幸さん、女子プロゴルファーの横峯さくらさんとお父さんの横峯良郎さんなども、親子で受けていらっしゃるようです。

 

ほかに、F1レーサーの片山右京さん、格闘家の角田信明さん、柔道家の井上康生さん、プロキックボクサーの門真秀貴さんなど。
スポーツ選手の場合、視力の低下がダイレクトに試合の成績に関わってきそうですから、レーシック手術を受ける人が多いのには納得です。

 

俳優では保阪尚希さんや玉山鉄二さん、女優の川島なお美さんに加藤夏希さん、映画スターだとブラット・ピット、二コール・キッドマンあたりも視力が悪かったようですね。
グラビアアイドルの磯山さやかさん、歌手の倖田來未さん、お笑いタレントの中田敦彦さん(オリエンタルラジオ)、松嶋尚美さん(オセロ)、マジシャンのマギー審司さんなども。
テレビに映らなければならない芸能人は、メガネをかけるとイメージが変わってしまうため、メガネNGなのではないでしょうか?

 

また、作家の中谷彰宏さんや吉本ばななさん、ちびまるこちゃんの作者として有名な漫画家のさくらももこさんあたりも、レーシック手術を受けているとのことです。
漫画家や作家などは、いかにも目を酷使しそうな職業です。長く作品を書き続けるためには、視力が良くないと疲れるかもしれません。

 

 

レーシック以外で視力を回復させたい方必見

噂の驚きの視力回復方法