眼鏡、コンタクト、レーシックの一長一短|レーシックリスク、あなたはそれでもしますか?

眼鏡、コンタクト、レーシックの一長一短

眼鏡やコンタクトをかけている人がレーシック手術を受ける理由ですが、付けはずしが面倒だったり、お金がかかることなどがあがっていました。
使い捨てコンタクトなどは便利ですが、長期間の利用となれば、かなりのランニングコストがかかります。
スポーツをするときや何か作業をする際などに、眼鏡がじゃまになるということもあるでしょう。
また、「眼鏡が似合わない…」などという理由でコンタクトに変える人も。
しかし、この逆で、眼鏡をかけている人は知的に見えますし、サングラスなどはファッションアイテムのひとつです。

 

コンタクトは眼鏡に比べれば、外見上の変化はなく、眼鏡のように長時間かけていると鼻に跡がつく、などということもありません。
コンタクトも眼鏡同様、おしゃれなファッションアイテムのひとつとなっており、カラーコンタクトなどは瞳の色まで変えられるとあって、若者に大人気です。
視力が悪くなくても、伊達眼鏡や伊達カラコンを付けている人をたくさん見かけます。
ただ、目に直接装着させるので、角膜の表面に傷がついたり、菌が入り込んで感染症などのトラブルを引き起こすおそれがあります。

 

レーシック手術を受けるには、高額な費用がかかりますが、長い目で見るとコンタクトを買い続けるよりは安上がりです。
また、眼鏡のような異物感もありません。なにより自分の目でハッキリとした景色が見られるというのは、なにものにも変えられない大きなメリットだと思います。
しかし、すべては手術が成功すればの話です。失敗するリスクもありますので、レーシックが向かないケースに該当する場合は、慎重にご判断ください。

 

レーシック以外で視力を回復させたい方必見

噂の驚きの視力回復方法