レーシック手術ができないケース

レーシック手術ができないケース

レーシック手術は誰にでも受けることができるのかと思っていましたが、できない方もいらっしゃるみたいですね。
まず、「18歳以上」という年齢制限があります。
若い人は眼球が成長過程にあり、近視が進行するスピードなどを考えると、手術を受けることができません。
ただ、歳を取ってからの方がいいかといえば、高齢者は目の調整力が衰えてきているのと、老眼が進みやすくなります。
また、妊娠している人や授乳中の女性は、使用する目薬などが胎児に与える影響がわからないため、受けられないようです。

 

ほかには、白内障、緑内障、網膜疾患、円錐角膜、角膜ヘルペス、黄班部変性、視神経障害など、目になんらかの病気を持っている人。
目以外の病気では、糖尿病や免疫不全疾患などを患っている場合に、手術を断られることがあります。
ただ、病気の症状の重さや進行具合などには個人差がありますから、術前検査をしてみることをおすすめします。

 

クリニックでは、レーシックの術前検査を行っています。
事前に、視力や角膜の厚さ、目の状態などを調べて、手術が可能かどうかを判断します。
角膜の厚さにも個人差があり、角膜の厚みが足りない場合や、近視が強すぎる場合はレーシックを受けることができません。
現在、コンタクトレンズを使用している方は、ハードレンズで3週間ほど、ソフトレンズなら2週間ほど装着を中止して、眼鏡で過ごす必要があります。
術前検査にかかる時間は2時間〜3時間程度ですが、検査料金については無料で行っているクリニックが多いようです。

 

レーシック以外で視力を回復させたい方必見

噂の驚きの視力回復方法